私は子供の頃、5年間ほど習字教室に通っていました。辞めてからは筆を持つこともあまりなく、あったとしても筆ペン。文字を書くことは好きでしたが大人になり働きだしてからは習字のことなど忘れていました。

そんなある日、仕事の関係で、日本に来た外国人のための書道教室に参加することに。文化体験の一つとして私も教える側に立ちました。参加したのはラテン系の方15名ほど。

「とめ」「はね」「はらい」、まずは筆運びの練習から始まりました。漢字の「一(いち)」を何度も書く外国人。初めはただの棒を書いているような感じが、段々とめが出来てきました。姿勢も良くみんな真剣。ちゃんと書道になってる!

筆の使い方のコツを掴めたら、次は日本語!「にほん」や「メキシコ」など簡単な言葉、そしてカタカナで自分の名前に挑戦です。日本語を少し学んだ彼ら、少し練習したら上手に書けるようになりました。

そんな中、一人の女性が私にお願いをしました。

“Can you write LOVE ?”

「(日本語で)ラブと書いてくれますか?」

私は彼女の筆を使い、「愛」と大きく書いてあげました。喜ぶ彼女に私も嬉しくなりました。

するとそれを見ていた男性陣からもお願いが。

「自国にいる彼女にプレゼントしたい!ぼくにも愛と書いて!」

「彼女の名前をカタカナで書きたい。教えてください!」

「好きってどうやって書くの?」

男性から出る言葉は好きな人を想うものばかり。彼ら一人一人に丁寧に教えました。

正座をし精神統一をし一枚一枚丁寧に書くような静かなものではありませんでしたが、誰かを想い心を込めて書くあたたかい書道教室となりました。恋人たち、自国で喜んでくれたかな。

子供の頃の筆で字を書く楽しい気持ちを思い出し、少しでも役に立てたことが嬉しかったです。私も誰かに気持ちを書きたくなりました。