小学校二年生の頃から、中学を卒業する頃までずっと書道教室に通っていました。

まだ自分の字が確立される前に習い始めたので…上達するのは早かったような気がします。最初はもちろん楷書で。その後仮名だったりいろいろやりましたね。ペン字なんかもやりました。

通い始めた理由はものすごく単純で、「友達が通っていたから」。多分、友達が通ってなかったら、通わなかったんじゃないかなと思います。ちなみに、私の兄たちも道連れです。その友達は、その後すぐやめちゃったんですけど、うちの親は「通い始めたんだから続けなさい!」と。やめさせてくれませんでした。当時はそれがものすごく嫌だったんですが、今では感謝しています。

字がうまいことのメリットといえば、やはり社会人になってからのほうが感じますね。文字を書く機会って意外とあるんです。その時に上手だと周りの自分への評価が確実に上がるのを感じます。

ちなみに書道の時、書くのがすごく早いほうなんですが。筆遣いとかの基本ができてるようで、筆先の通り道がきちんと合っていてスゴイ!と大学時代褒められました。難しいことはよくわからないんですけど、普通に書くだけで自然とそういう風になるみたいです。身体に染み付いてる、ってやつなんでしょうか。

字のうまさは努力次第でなんとかなる特技だと思うので。子どもにも書道、習わせたいですね。あと、私自身ももっと上手な字が書けるようになりたいです。子どもと一緒に習いに行く、というのもアリかもしれませんね。