少し前から、ペン字講座に通っています。きっかけは、中学時代の友人に次のような事を言われたからです。「中学生の頃と、字が全く変わってないね」。確かに言われてみると、私の字には特徴がありまして、いわゆる丸文字を多用する癖があるんです。で、これが少々子供っぽく映りまして・・。多分、友人も私の子供っぽい字を見て、そんな事を言ったのだと思います。とまあ、これがきっかけで、もっときれいな字を書きたい、大人として恥ずかしくない字を書きたいと強く思うようになり、新聞の折り込みチラシに入っていたペン字講座に通う決心をしたのでした。さて、ペン字講座に通ってみると、思っていた以上にたくさんの人が来ている事に驚かされます。5,6人程度の少人数で実施されているのかと思いきや、多い時には20人くらいが講座に来ているのです。

ここからだけでも字というのが、いかに重要な要素であるかをうかがい知ることが出来ますよね。皆さん、お金を払ってでもキレイな字を書きたいと思うのであり、そうすることによって、日常生活に大きなメリットがある事を理解しているのです。とまあ、こういった環境の中で、週に1回の頻度でペン字講座に通っているわけですが、この時間が今の私にとって何より充実した時間となっています。わずか1時間程度ではありますが、出されたお題に集中して取り組むと、その後にものすごい達成感や充実感が得られるからです。この感覚は、日常生活の中ではなかなか得られるものではありません。ですので、これから先もペン字講座に通い続けたいと思っています。